YouTubeの違法アップロードチャンネル&転載動画の通報手順

YouTubeは、現代の私たちにとって、どんどん無くてはならない存在になりつつあり、YouTuber(動画投稿者)も年々増加しています。

そんな中、問題視されるのが“違法アップロード”。違法と言うだけあって、その行為は“犯罪”になります。

自分のお気に入りの動画や、公式ドラマ、アニメや映画など、見ず知らずの誰かの不正によって公開されてしまっているのは、とても腹立たしいですよね。

そこで今回は「投稿者ではない第3者が違法動画を通報する方法」についてご紹介します。

チャンネル(投稿者)そのものを通報する方法

YouTubeアプリでの操作は出来ず、PCでの通報が必要。

チャンネル内の「概要」ボタンから「報告」を選択し、当てはまる内容を選び、通報する。

通報すれば凍結するのか? ガイドラインや利用規約に3回以上反した場合に凍結する。
YouTubeの違法アップロードチャンネルや転載動画を通報する
動画を通報する手順

まずは通報したい動画を開き、右上に表示される点3つのメニューボタンをタップ(クリック)してください。

メニューボタンをタップすると「報告」ボタンが表示されるので、選択してください。

報告したい内容がいくつか表示されるので、当てはまるものを選択して「報告」ボタンをタップ(クリック)すると、完了です。

※YouTubeのアカウントをお持ちで、メールアドレスを登録されている方は、報告後すぐにYouTubeから「動画に関する問題の報告」というメールが届きます。

URLがあり、そこからさらに著作権侵害の申し立てをすることができますので、届いたメールに従って進んでくださいね。

チャンネル(投稿者)を通報する手順

現段階では、携帯のYouTubeアプリ上でチャンネル自体を通報する方法はありません。

しかし、PCでは通報するための操作が可能なので、そちらをご紹介しますね。

まずは、通報したいチャンネルサイトを開きます。

ホームや再生リストがある中から「概要」ボタンを選択してください。

「概要」ページを開くと、統計情報と書かれている下にある「旗マーク」をクリックしてください。

「旗マーク」をクリックすると、ボックスがさらに表示されますので、ボックス内の1番下にある「ユーザーを報告」を選択してください。

そうすると、動画を通報する手順でご紹介した時と同じように、報告したい内容がいくつか表示されるので、当てはまるものを選択して「報告」ボタンをクリックしてください。

通報すれば違法チャンネルは凍結される?

YouTubeの利用規約やガイドラインに記載されている内容に反していれば、凍結される可能性があります。

特に、著作権を侵害しているとの申し立てや違反しているとの通告を3回以上受けると、チャンネルは凍結するようになっています。

また、悪質な嫌がらせ行為を行った場合には、1度で凍結になります。

嫌な気持ちになるのは充分よくわかりますが、同じチャンネルに何度も通報してしまうと、YouTube側の審査が遅れる可能性がありますので、通報は1度だけにしておくことをオススメしますよ。

YouTubeの違法アップロード動画の通報手順まとめ

動画を通報する方法 メニュー内の「報告」ボタンを選択し、当てはまる内容を選び、通報する。

チャンネル(投稿者)そのものを通報する方法 ・YouTubeアプリでの操作は出来ず、PCでの通報が必要。
・チャンネル内の「概要」ボタンから「報告」を選択し、当てはまる内容を選び、通報する。
通報すれば凍結するのか? ガイドラインや利用規約に3回以上反した場合に凍結する。

今回は「投稿者ではない第3者が違法動画を通報する方法」についてご紹介しましたが、いかがだったでししょうか?

違法アップロードは、れっきとした犯罪行為です。

著作権の侵害などによって気分を害する動画を発見した場合には、ぜひ上記の方法を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です